【おすすめ】七輪を使って自宅の庭でおいしい手作り炭火焼き鳥!

自宅の庭で手作り炭火焼き鳥 体験・レビュー

焼き鳥が食べたいなぁ。

家でおいしい炭火焼き鳥が作れたらなぁ。

炭火焼き鳥はおいしいですよね!

ふわふわジューシーで何本でも食べられそうです。

私もよく炭火焼き鳥が食べたくなって、ビール片手に家の庭で七輪で炭火焼き鳥を楽しんでいます

家の庭で七輪を使って手作り炭火焼き鳥するのは次のようなメリットがあります!

  • 外に食べに行かなくても自宅でできる。
  • お店で購入するよりも安く食べられる。
  • 居酒屋で食べるよりも圧倒的に安い。
  • 自分好みの焼き加減で作れる。
  • 好きなものを好きなだけ食べられる。
  • 何よりも子供が楽しそう。

皆さん想像しているよりも簡単にできますので是非挑戦してみてください。

私がいつもやっている方法を順番に説明していきます。

スポンサーリンク

七輪炭火焼き鳥で用意するもの

七輪と網

七輪と炭と網

七輪と言っても色々な種類があります。

丸形や角形の違いもありますし、昔ながらのラッパ型や卓上で使えるものもあります。

七輪の特徴としては以下の点が挙げられます。

  • そもそも七輪は煮炊き重視のもの。
  • 少量の燃料で調理可能。
  • 七輪の形状によるが基本的に一度に大量の焼き物はできない。
  • 土でできているので水洗い出来ない

一度に大勢で行うBBQには全く向きませんので注意してください。

七輪が向いているのは、少人数又はゆっくりと焼き物などの料理をしても良い状況の時です。

ゆっくりと会話を楽しみながら、調理をするのに向いています!

もし大人数で、一度で多くを焼かなければならない状況であればBBQコンロを使うことをお勧めします。

我が家では、家族でゆっくりとビールやジュースを飲みながら焼き鳥を楽しむために七輪を使っています。

なかなか良い雰囲気が出ますし楽しいですよ!

網は大抵の場合、七輪を購入するとついてきますので、新たに購入する必要はありません。

しかし網が無い商品もありますので、購入する際はご注意下さい。

炭(必要により着火剤)

炭はこれでなければいけないということはありません。

外で焼き鳥をする場合には、安価で手に入る木炭で十分ですが、もし屋内でやる場合には、パチパチと火の粉が飛びますので木炭はおすすめしません。

炭を長持ちさせたい人や、室内で行う人、焼き上がりの味にこだわる人はオガ炭備長炭などを使っても良いでしょう。

我が家ではいつも手に入りやすい木炭を使っています。

後はどのように火おこしするかによりますが、便利な着火剤も忘れないようにしましょうね。

火ばさみ・軍手・火消道具

初めて炭火で調理するときに忘れがちなのが、火ばさみ・軍手・火消道具です。

特に絶対に火ばさみと火消のための道具は忘れないようにしましょう。

火消用の道具については、火消壺を使えば問題ないでしょう。

我が家では、100円均一で購入した鍋を使っています。

炭の火消し

鍋に水を入れて、火ばさみで終わった後の炭を入れて行けば簡単に火消できます。

ただこの火消方法のデメリットは、一度使った炭はもう使えなくなることです。

火消壺を使えば、水分を含みませんので、消火後にまた消し炭として利用することができます。

高価な炭を使う方は、火消壺を使った方が精神衛生上良いでしょう。

スポンサーリンク

食材の準備

お肉

手作り焼き鳥

串に刺してある冷凍の焼き鳥を使うのも簡単で良いですが、焼き鳥は自分で作った方が断然安いしおいしいですよ!

そんなに難しくないので、手順を下に書いておきます。

  • 使用する串を水に浸しておく(焼けないように)。
  • 鶏のもも肉を準備する。
  • 鶏皮を剥ぐ。
  • もも肉を好きな大きさに切り揃えていく。
  • 切り揃えた肉を串で刺していく。
  • 鶏皮を軽く茹でる。
  • 鶏皮を好きな大きさに切り揃える。
  • 鶏皮を串に刺す。

たったこれだけです。

時間にして20分もあれば終わります。

その他に、ウインナーなど自分の好きな具材を串に刺していきましょう!

なお串は100円均一に売っているもので十分です。

自家製タレ

焼き鳥のタレの材料をフライパンに投入

(たれについては2020年5月20日追記)

焼き鳥と言えば、塩も良いですけど、やっぱりたれも食べたくなりますよね?

たれも自宅で簡単に作れます。

お店のように何年も継ぎ足して使っているような、深い味わいは当然出ませんが、焼き鳥の味をまたワンランクアップしてくれます。

それでは材料をご紹介します。

  • 醤油:約150mlくらい
  • みりん:約90mlくらい
  • 酒:30mlくらい
  • 砂糖:大さじ3くらい
  • ニンニク(チューブ):3cmくらい
  • しょうが(チューブ):3cmくらい

今回は本当にざっくりとした分量で入れましたが、かなりおいしかったので間違いはありません。

それを弱火~中火で、下の写真のように、とろみが出るまで煮詰めます!

焼き鳥タレ とろみが出るまで煮る

あまり火を強くしすぎると、焦げて苦みが強くなるので注意してください。

ある程度とろみがついたら完成です!

いざ炭火焼き鳥スタート

炭の火起こし

準備もできましたのでいざ焼き鳥スタートです!

火起こし

めんどくさがりの私には、「文化たきつけ」は必需品です。

これがあれば一発で炭に火が付きます!

文化たきつけで炭に着火

見づらいですが、上の写真はメラメラと炎が燃えています。

少し待っていれば簡単に炭に火が付きますよ!

焼き鳥

炭火焼き鳥開始

火力が十分になったら焼き鳥開始です。

我が家の味付けは塩コショウorたれ(気分により)となっています。

「ジュ~、ジュ~」

と音を立てながら、肉が焼ける香ばしいにおいを嗅ぐだけで幸せな気分になりますね。

鶏皮などの油の多い部位は、火が立ちやすいので要注意です!

肝心の焼き上がりは

焼き鳥の焼き上がり

どうですか??

おいしそうでしょう!!!

さっきご紹介した具材と少し違うのはご愛敬でお願いします(別日撮影です)。

焼き鳥の焼き上がり2枚目

この上の写真は塩コショウで味付けした焼き鳥です!

外がカリっとしていておいしそうですね。

下の写真は、たれで味付けした焼き鳥です。

味付けしていない串をある程度焼いてから、たれを絡めて再度焼きます。

炭にたれが落ちてあたりに香ばしいかおりが漂います。

まじでニオイだけで白米を食べれそうですね。

これを2回位繰り返すと、最強の焼き鳥(たれ)が完成します!

焼き鳥 たれ 焼き上がり

注意点としては七輪は火力が強いです。

一度で焼ける本数は少ないですが、焦げやすいですし焼くのにかかる時間は早いですよ!

特にたれは焦げやすいので注意してください!

自分のペースで焼いていって食べるので、楽しめます。

また炭火の香ばしいにおいも付いて、この香ばしさのおかげで、冷めてもおいしいです!

不思議なんですけど、炭火だとなぜかお肉はふっくらジューシーに仕上がります!

本当にふわっふわに焼けます!

これが遠赤外線効果なのでしょうか?

控えめに言って最高です!

デザートはやっぱりマシュマロでしょ!

マシュマロ焼き

一通り食べ終わったら、マシュマロを串に刺して焼きましょう。

甘くておいしいふわふわなマシュマロは子供に大人気です。

上の写真は、ノーマルな白いマシュマロですが、中にチョコレートなどが入っているものでもおいしいですよ!

ここまでが我が家のコースになっています。

まとめ

家の庭で七輪焼き鳥はいかがでしたか?

やってみたくなったことでしょう!

道具もそれほど高くなく、一通りそろえるのも難しくありません。

慣れれば時間もかかりませんし、自宅でお手軽アウトドア気分を味わえます!

実は自宅で燻製も作れるんですよ!

ぜひ皆さんもやってみてください!

それではまた!

コメント

タイトルとURLをコピーしました