なぜ意味不明な人事異動が行われるのか?

人事異動の辞令 仕事奮闘記

人事異動の時期になると、いつ自分や周りの同僚が上司と一緒に個室に呼ばれるんじゃないかと気が気ではありません。

不必要に「ドキドキ」。

意味もなく周りを「キョロキョロ」。

周りの話に聞き耳を立てます。

仕事も手につかなくなりますよね。

もし引っ越しを伴う異動が命ぜられる可能性がある場合は、家族の生活にも影響が出てしまいます。

でもあれってマジで無駄だと思います。

しかも大抵の人事異動って、

「異動させる人間の将来を見越して」とか

「その部署の活性化の為に」とか言いつつも、よく見ると訳が分からないことが良くあります。

技術職で良い成績を残し、本人も技術職一筋で行きたいのに、なぜか営業に回されたりしています。

この記事は以下のような方に向けて書いています。

  • 人事異動の意味を見出せない
  • 人事異動のせいでストレスが溜まっている

人事異動について順番に考えて行きましょう!

スポンサーリンク

人事異動はなぜ必要なの?

仕事の悩み

人事異動の目的

会社での人事異動は主に以下の目的で行われます。

  • 組織内の年齢的、地位的な人材構成の適正化やアンバランスの解消
  • 業務のマンネリ化の解消や防止
  • 人材育成

なぜ、こんなにも頻繁に人事異動がおこなわれるのでしょうか。

それは日本企業はいまだに、オールマイティーに仕事ができるジェネラリストを育てようとしているからです。

なぜジェネラリストを育てているのかというと、昔の企業戦士たちはまさに24時間働き続けて成果を上げてきました。

しかしこうした働き方は、年齢が上がるにつれて体力的につらくなります。

なので、歳を取るにつれて会社員たちは管理職を目指しますし、管理職になれば人間的に成長できるに違いないと疑わないわけです。

この考えがずっと生き続けていくために、会社幹部たちは部下たちも自分と同じように育てようとして、ジェネラリストを産むための社員育成となるわけです。

ジェネラリスト社員はどうなるか

会社にすっかり育成されてしまった、ジェネラリスト社員はどうなるのでしょうか。

運よくその会社の出世コースに上手く乗って、経営者にでもなれば給料も地位も手に入って安泰でしょう。

しかし、大抵の場合は、色々な仕事を広く浅くやらされるため、結局スキルは何も残りません。

私を含め多くの会社員は、今の会社以外で通用するスキルは持っていないでしょう。

もしも会社が倒産した場合、どこでも使えない人間になってしまいますね。

スポンサーリンク

人事異動は会社の都合?

悩む男性

結局のところは会社の都合で異動させられる

会社員は会社の為に働きます。

でも会社は会社員の為に存在するわけではありません。

一人の会社員が、これをやりたいとか、将来こうなりたいと思ってもそれは会社には全く関係のないことです。

会社に何かの利益が無い限り、社員の一存なんてないものと同じです。

人事異動と言うのは表面上「人材育成」とか「アンバランス解消」とか、もっともらしい言葉で説明されます。

しかし実際は、欠員が出たから穴埋めするという、会社の都合で行われます。

考えてみてください。

一人の欠員が出たら、そのポジションに人を補充するのに一人の人間を動かすだけでは足りません。

穴を補充するために動かした人の穴を埋めるのに、更に人が必要になるのです。

そう考えると人事異動はただのパズルです。

個人の希望は、おそらくどっちの人を動かすか迷った時くらいしか考えられませんよ。

人事異動を命ぜられたらどうすればいい?

大抵の会社は、人事異動を発令する前に、事前に本人から反応を探るものです。

人事異動して家庭環境は大丈夫か、本人に適性はあるかなどを考慮するものです。

そうやって会社から出された発令は、よっぽどの事情がない限り断れません。

当然断ることは無理ではありませんよ。

ですがハードルはそれなりに高い物になるでしょう。

会社からの人事異動の発令に、疑問を感じながらも従わなければならないシチュエーションがほとんどです。

初めは嫌々でも、やってみると案外楽しめたりするものですよ。

どうしても納得いかなかったら

スーツ姿の会社員

これまで人事異動について色々と愚痴を書いてきました。

「仕事は楽しくないもの」なんて考えには染まりたくないな!っていう思いは下の記事に書いています!

でもこれはほぼ私の会社の話なので、あなたの会社とは事情が違うかもしれません。

もしあなたの会社も私の会社と同じならば、今すぐ転職を考えるべきなのかもしれません。

まとめ

会社員と言うのは、毎月安定した給料をもらえるのと引き換えに、自分の時間を会社に差し出す職業です。

今までは、そんな会社員が世間を回していましたが、これからはどんどん変わってくるのでしょう。

「個人」が重視される時代に突入した感があります。

もしあなたも今の会社に対して疑問を感じているのなら、一度転職という方法を考えてもい良いのかもしれません。

最後までご覧いただきありがとうございました。

それではまた!

コメント

タイトルとURLをコピーしました