家で遊ぶ時の危険から子供を守る!親として出来ることは?

家遊び

家の中で活発に動きまわれるようになってきた年頃の子供をお持ちのパパ・ママ!

子供と家で遊ぶのは手軽で楽しいですが、危険がたくさん潜んでいますよ。

危険を予知しておけば、思わぬ子供のケガを防止することができます。

私の息子も今では小学生になりましたが、これまで安全だと思っていた家の中で遊んでいて、たくさんケガをしてきました。

そんな私の経験を少しでも共有することで、あなたの子供のケガを防止しましょう!

それではさっそく、家の中にどんな危険が潜み、どんな予防策があるのかを見て行きましょう。

スポンサーリンク

リビングに潜む危険

家具の角

多くの家には、テーブルやテレビ台があると思います。

そのほとんどの家具にはとがった角が付いていますよね?

もし子供が遊んでいる最中に転んで、家具の角に体をぶつけたら大変危険です。

全ての家具を子供の手の届かない場所に置くのは不可能だと思いますので、家具の角にクッションを取り付ければ安心です。

テープで取り付けますので、剥がす時に跡が残りそうですが、剥がしやすいものも発売されています。

ガラス

ガラス製のテーブルも、子供が転んでぶつかったときに危険ですね。

またガラスの角の部分は鋭利になっていて危険なこともあります。

家具にガラスの部分があったら、できるだけ子供の手の届かない場所に置きましょう!

敷物

フローリングの上にラグなどの敷物を敷く場合、ものによっては床と敷物の間がツルツルと滑ることがあります。

子供がその上を歩くと、転びそうでとても危ないです。

そんなときは敷物と床の間に滑り止めを敷きましょう。

滑り止めは敷物の大きさに合わせた方がよいので、購入の際には注意してください!

階段

気付いたら子供が一人でヨチヨチと階段を上っていることがあります。

これ実際我が家でもありました。

階段の途中で転んだりしたら大ケガにつながる恐れがありますね。

可能であれば階段の上と下に、ベビーゲートを付けましょう!

我が家は途中からこれを取り付けましたが、あるのとないのでは安心感が段違いに違います!

スポンサーリンク

キッチンに潜む危険

調理道具

包丁や串など危険なものが出しっぱなしになっていませんか?

いくら気を付けていても、毎日使うものなので、洗った後などどうしても片付けていない時間があると思います。

キッチンがドアなどで仕切られれば良いですが、子供の様子が見えるようにキッチンの出入り口にもベビーゲートが欲しいですね!

調理中

調理中は特に危険です。

鍋で沸かしているお湯や包丁などの調理器具など、ケガをする要素満載ですね。

でもママはどうしても家事をしなければいけないので、ベビーサークルがあれば安心ですね↓

お風呂場・脱衣所に潜む危険

滑りやすい床

お風呂場の床は、ボディーソープやシャンプーなどで滑りやすくなっています。

子供がお風呂場で遊んで、滑って転ぶ危険が高いので注意が必要です!

対策としては次のことが考えられます。

  • お風呂場では遊ばないこと
  • お風呂場の床は良く掃除すること

できるだけお風呂場で遊ばないことが一番ですね!

洗濯機

かくれんぼで洗濯機の中に隠れて、子供が閉じ込められて死亡した事故が過去にありました。

事故は上の写真のような、ドラム式洗濯機で起こったようですが、本当に気を付けたいですね。

中には入りやすいけど、中からは開かないような構造になっている洗濯機や冷蔵庫などの家具・家電は、把握しておく必要があります。

家でかくれんぼをする場合は、最初から子供と「かくれてはいけない場所」をルールとして決めておくのが良いでしょう!

まとめ

家の中であっても、良く目を凝らすと危険だらけです。

また親目線では安全と思っても、体の小さい子供目線で見ると、全くの別世界に見えることがあります。

子供と遊ぶ時には、一度子供の目線になって周囲を確認するのが良いですね。

お家の中でおもちゃで遊ぶ場合、子供が気に入るおもちゃを探すのは大変なものです。

便利なおもちゃレンタルサービスについて記事を書いてますので、下のリンクからぜひご覧ください。

最後までご覧いただきありがとうございました。

それではまた!

コメント

タイトルとURLをコピーしました