飲み会を断るキャラ確立!断るメリットとデメリットを考えよう!

飲み会を断るキャラ確立 断るメリットとデメリット 仕事奮闘記

会社の飲み会行きたくないなぁ~

断っても大丈夫かなぁ~

サラリーマンとして会社で働いていると、色々な飲み会に誘われます。

「忘年会」「新年会」「歓迎会」「送別会」・・・・

まるで職場の公式行事のように数カ月ごとに飲み会がセッティングされていきますが、「飲み会行きたくないなぁ~」と思ったこともあるのではないでしょうか?

この記事は次のような方に向けて書いています。

  • 会社の行きたくない飲み会に参加するかを迷っている方

飲み会を断るキャラを確立したいと願っていても、実際はなかなか難しいものです。

でも、結論を言うと、この「飲み会に行かないキャラ、断るキャラ」を確立することが、行きたくない飲み会に行かなくても良い最良の方法です。

会社の飲み会を断ることのメリットとデメリットにはどのようなことがあるのでしょうか、考えてみましょう!

スポンサーリンク

これだけは外せない飲み会は?

色々とある飲み会の中でも、会社や所属する部署に入ってくる人と出ていく人に関する飲み会は外せないことが多いです。

新人が入ってくる「歓迎会」に参加しなければ、

「新しく来る人を歓迎してないの?」

と言われますし、職場の重鎮の異動や退職にともなって開かれる「送別会」に参加しなければ、

「お世話になった人に感謝してないの?」

と言われるかもしれません・・・。

飲み会によっては断ると職場の人間関係が極端に悪くなる可能性もあります。

全ての飲み会を断るのではなく、飲み会の開催意義を考えてから、参加する必要がなければ断るようにした方がよさそうです。

もちろん、もともと大っ嫌いな人や、まったくかかわりがない人の送別会などは話が別で、出る必要は全くないですよ。

それ以外の飲み会、「新年会」「忘年会」「月例の〇〇会」などは、メリット・デメリットを考えながら、行く必要を考える必要があります。

スポンサーリンク

行きたくない会社の飲み会を断るメリット

飲み会 乾杯

行きたくない飲み会を断るメリットは以下のことが考えられます。

  • 飲み会代が節約できる
  • 自分の時間をもてる
  • 仕事とプライベートを分けられる
  • 嫌いな人と話さなくて済む

それでは順番にみていきます。

飲み会代が節約できる

1回の飲み会代金はだいたい、3000円~5000円位でしょう。

節約して昼食代を一回500円で済ませている人にとっては、6食~10食分のお金です。

飲み会を断る理由にはなるでしょう!

また誘いを断るのが苦手な人は、2次会・3次会まで行ってしまい、一つの飲み会で1万円以上の費用が掛かる場合があります。

それが、行きたくなかった飲み会で、行っても楽しくなかった飲み会だったら最悪ですね。

自分の時間が持てる

1回の飲み会にかかる時間はだいたい、2時間~3時間位でしょう。

これは1次会だけの時間ですが、2次会以降も参加するのであればもっとかかりますね。

私のように副業をやっている方や、家族・友達・恋人との時間を優先したい人にとって、2~3時間は大きいですよ。

ブログであれば1記事書けてしまいます。

仕事とプライベートを分けられる

夜の飲み会に参加するということは、ほぼ1日会社の人たちと一緒に過ごすことになります。

そうすると、どこまでが仕事で、どこからがプライベートなのか分からなくなります。

会社の飲み会を断ると、会社にいる間は仕事、それ以外はプライベートと明確に分けることができるようになります。

嫌いな人と話さなくて済む

人と人が長時間触れ合えば、必ず好きな人、嫌いな人が生まれるはずです。

プライベートな時間まで、嫌いな人と過ごすことに意味を見出すことはできません。

精神的にも悪影響となるの可能性がありますね。

飲み会 嫌な上司

行きたくない会社の飲み会を断るデメリット

行きたくない飲み会を断るデメリットは以下のことが考えられます。

  • 職場での人間関係が広がらない
  • 思わぬ裏話を聞く機会を失う
  • 出世に響く可能性がある

それでは順番に見て行きましょう!

職場の人間関係が広がらない

飲み会は、話したことのない人と初めて話す機会になることがあります。

その人間関係が、翌日以降の仕事の面で良い影響を与えることも多いでしょう。

これは飲み会を断ることで、一番大きなデメリットではないでしょうか?

思わぬ裏話を聞く機会を失う

飲み会では、勝手に色々な情報を仕入れることができます。

まだ知らされていない会社の動きや、取引先の情報など、仕事の面でも役立つ情報を手に入れられることがあります。

飲み会を断ることは、思わぬ情報を手に入れられる可能性を失うことです。

出世に響く可能性がある

そもそも出世欲がある人は、飲み会を断ろうか悩むことはないでしょう。

誰よりも早く出世したいのであれば、間違いなく飲み会には参加するべきです。

残念なことに、いまだに日本では飲み会の参加状況で、上司の印象が変わることが多いです。

「飲み会に行かないキャラ」を確立しよう!

飲み会 お酒

一番飲み会を断りやすいのは、

「飲み会に行かないキャラ」を確立することです。

このキャラを確立しておけば、初めからお誘いが減りますし、断ったとしても当然のこととして受け入れられます。

最初に断るのは後ろめたくて、あまりいい気持ちはしないかもしれません。

しかし毎回飲み会に参加するか迷うことの無駄を考えれば、「飲み会に行かないキャラ」を作った方が気持ちが楽でしょう。

飲み会に行かない理由は色々あると思いますが、まずは素直に飲み会に行かない理由を話して、受け入れてもらうしかありません。

まとめ

最近では「忘年会スルー」という言葉も生まれて、飲み会を断ることも社会的に許されてきている感じがします。

でも、まだまだ断りにくい空気があることは間違いありません。

高度成長期の時代など、仕事とプライベートの区別なく、場の空気を読みながら、それぞれの限界まで仕事に打ち込むのが美徳とされてきました。

しかし現在では「個」の仕事が重視されてきています。

飲み会を断ることは、決して「悪」ではありません

断ろうか迷っている、その飲み会の開催意義を考えて、参加するかどうかを決めることが大切でしょう!

飲み会に行かないで、自宅で習い事をするのも良いでしょう!

興味がある方は下の記事をご覧ください!

最後まで読んでいただきありがとうございました。

それではまた!

コメント

タイトルとURLをコピーしました