【少し田舎のすすめ】家を買うなら少し田舎の一戸建てが良い理由!

家 街並み

家を買いたいんだけど、どんな場所に家を探せば良いのか迷うわ。マンションが良い?一戸建てが良い?

これから家を購入したいけど、どんな場所が良いのか、一戸建てか、マンションにしようか・・・。

賃貸住宅や社宅に住んでいるが、これから自分の家を買おうと考えているけど、なかなか答えが見つからない!

そんな悩みを抱えている方は多いのではないでしょうか?

この記事は以下のような方に向けて書いています!

  • 家の購入を考えているが、一戸建てかマンションかを悩んでいるパパやママ。
  • 一戸建てかマンションかどちらにするかは決まったが、どんな立地が良いかを悩んでいるパパやママ。

上の文でもわかる通り、子育てをしている家族向けの記事になっています。

結論から言うと、33歳の時に一戸建てを購入した私からのおすすめは・・・・

それは少し田舎の一戸建てです!!!

なお新築でも中古でも構いません!

やっぱり少し田舎の一戸建てがおすすめですね!

これから私の経験を踏まえて、おすすめする理由をお伝えしていきます。

また一戸建てで失敗したこともありますので書いていきますので最後までご覧ください。

スポンサーリンク

一戸建てが良い理由

私は子育てするなら一戸建てがもってこいだと思っています。

一戸建てに住んでいる現在でもその思いは変わっていません。

なぜ一戸建てが良いと思うのか、子育てと言う視点を重視しながら順番に説明していきます。

家の中で遊べる

子育てをしていると、大人だけで生活しているのに比べて、どうしてもうるさくなります。

子供はバタバタと大きな足音を立てて歩きます。

天気の悪い日には、家の中を走り回ったり、家の中でボール遊びを始めたりします。

「そんなこと、子供にやらせなければ良いだけだろ?」

と思うかもしれませんね。

実際にマンションに住まわれている方たちは、子供に家でそんな遊びをさせないでしょう。

でも私の考えでは、子供は元気に走り回る存在です。

もちろん、病院や公共交通機関の中では、周囲に迷惑をかけないように静かにするよう教育していますよ。

でも家は、家族が楽しく過ごす場であると思っていますので、子供の遊びを極力制限しない、一戸建てが私には最適でした。

また、庭があればこんなこともできます↓

大きな声を出せる

子供と遊ぶと、どうしても笑い声などでどうしても声が大きくなってしまいますよね。

一戸建てだとそんな声も気にせずに出すことができます。

大きな声で周りを気にせず笑いながら遊ぶことで、楽しさは倍増です!

また遊びとは逆に、子供が良くない行動をしたときには、親としては子供に良くないと言うことを伝えなければいけません。

でも、それが原因で子供と言い争いになることもありますよね。

言い争いとまではいかなくても、子供に教えているとついつい声が大ききなることがあります。

それがマンションとかだと、どうしても周りが気になって、上手く出来ないなんてことになります。

親としてはストレスが溜まってしまいます。

維持費がマンションほどかからない

マンションは入居当初からローン以外のお金がたくさん必要ですよね。

車を持っているなら駐車場代に始まり、共益費、なんちゃら積立金など、一戸建てではランニングコストとしては考えないほど出費が多いです。

もちろん一戸建てであっても、家の何かが壊れたら、お金をかけて修理する必要があります。

でもまだ子供が小さいうちに購入した新築または中古の一戸建てでは、子供にお金がかかるうちの出費は抑えられるはずです。

当然将来的には家の修理などで出費が必要となりますが、自分たちの考え一つで安い方法を選べるので、結果としてマンションほどはお金がかかりません。

持ち家計画

スポンサーリンク

一戸建てで失敗したこと

除草が面倒

雑草は思ったよりも強力です(泣)。

せっかく敷いたアスファルトを割って次々と生えてきやがります。

この理由として、少し田舎に住んでいることもあるのかもしれませんが、それでも雑草の生命力は驚異的です。

少し手を抜いて雑草をほっておくと、すぐに雑草の森になります。

どこに住めばいいか?少し田舎が良いでしょう!

みなさんそれぞれ自分が思い描く、理想の住みたい場所があることでしょう。

例えば、

  • 職場の近く、徒歩で通勤できる場所。
  • すぐ近くにコンビニある場所。
  • 公園の隣の場所。
  • 居酒屋がたくさんある繁華街。
  • 超高層ビルが立ち並ぶ大都会。
  • 隣の家が見えないほど広大な土地。
  • 自然豊かな森の中。

などですが、特に若者にとっては都会は魅力的ですよね?

自分と同年代が集まるにぎやかな場所がいっぱいあるし、人がたくさんいるから流行の最先端を行くことができます。

大学生とかならそれでいいでしょう。

でも我々子育て世代はそれではいけないと思うんですよ。

昨今世界的に問題になっているコロナウイルスもそうですが、都会に住むデメリットはたくさんあると思うんです。

今回は都会に住むデメリットよりも、少し田舎に住むことを勧める理由について説明しています。

少し田舎をすすめる理由!

「少し」田舎とは、完全に田舎ではありません。

「程(ほど)よい」田舎ということです。

ここで問題なのが、「少し」=「程よい」のレベルです。

徒歩圏内にスーパーもないのを程よいと呼ぶのか?という話になります。

結論としては、あなた次第です・・・。

ただ一つ言えることは、東京23区内には「少し」田舎は無いでしょう。

それ以外の地域はだいたい、少し田舎です。

私の基準では、徒歩で駅に行くことができて、徒歩圏内にスーパーとコンビニがあっても、近くに高層ビルが無く住宅地であれば、「少し」田舎になります。

要は人が密集する地区に住むメリットは無いので、そこから離れましょう!と言うことです。

昨今のコロナウイルスの件でもわかるように、人口密集地に住むメリットは確実に減っていますよ。

まとめ

マンションではなく一戸建てが良い!

立地は都会でもなく、田舎でもない「少し田舎」が良い!

隣の方と程よい距離感を保ちながら、それでも周りには人がいる。

それを実現するには、少し田舎の一戸建てで決まりですよ!

お家が決まった後の家具選びは、サブスクっていう方法もありますよ!

最後までご覧いただきありがとうございました。

それではまた!

ハウスメーカー・工務店を比較

コメント

タイトルとURLをコピーしました