小学校1年生でもできるトランプ遊び!室内遊びはこれで決まり!

子供との遊び

家族旅行の温泉旅館で過ごす夜。

布団の上で家族で輪になって遊ぶトランプ。

自宅でゆっくりと家族で過ごす休日。

みんなで笑いながら遊ぶトランプ。

準備も後かたずけも簡単で、しかも子供の「数」の教育にももってこい!

子供が小さいうちはトランプのルールを理解するのは難しいですが、小学校1年生くらいになると、親と一緒にトランプができるようになります。

今回は小学校1年生でもできるトランプ遊びをご紹介します。

我が家の息子でもできる実績がありますので、ルールさえ覚えてしまえば皆さんのお子さんもできますよ!

スポンサーリンク

トランプの魅力は?

トランプは大人も子供も平等に遊べ、全世代で共通して遊べる、非常に素晴らしい道具です。

最近はスマホや家庭用ゲーム機の陰にかくれて、家庭での出番も減ってきてしまっていますね。

でもトランプの優れたところは、ゲームに勝つために頭を使い、そして子供と会話をしながら遊べるところです。

教育にもいいし、親子の絆も深まります。

子供は遊びの勝負でも、負けたらものすごく悔しがって、時には泣き出すでしょう。

でも親としてはワザとに負けてはだめですよ!

その悔しさを知らないと、勝つために集中し、作戦をたて、勝ったときに大喜びできません。

トランプは非常にすぐれたおもちゃと言えます。

スポンサーリンク

ババ抜き

ババ抜きは1年生でも十分できます。

おそらくルールの説明は不要かと思いますが、我が家では一番盛り上がるゲームです。

子供は一番最初にカードを配った時に、そろったカードを探すのに時間がかかってしまいます。

最初は手伝うのも良いですが、ある程度回数を重ねたら、子供が自分でそろったカードを探すように仕向けましょう!

何回も繰り返していると、だんだんと子供がカードを探す時間も短くなっていき、短時間で子供の成長を感じることもできます。

神経衰弱

神経衰弱も1年生くらいの小さい子供にはもってこいのゲームです。

ただカードを全て使うと、ものすごく時間がかかってしまい、全てそろう前に子供が飽きてしまいます。

なので、カードを半分くらいに減らして遊んだほうが良いですよ。

ぶたのしっぽ

今までご紹介した2つに比べたら、ぶたのしっぽはメジャーではないので、簡単にルールを説明します。

  1. ジョーカーを除いた52枚のカードを用意する。
  2. カードを裏返し、ぐるっと円を書くように並べる。
  3. 一人「親」を決めて、親から時計周りに、カードを一枚選んで円の中心に表向きに置く。
  4. カードの色および数字が、先に出されたカードと違えば次の人に周り、もし色または数字が同じになれば、円の中心のカード全部をその人が引き取ります。
  5. 次の番からは、手持ちのカードから円の中心に置くこともできます。
  6. 円を描いたカード全てがなくなればゲーム終了。
  7. 手持ちのカードが多い人の負けです。

これも割と簡単にできるゲームですね。

まとめ

トランプは室内遊びで大活躍する道具です。

ゲームの種類も豊富なので、子供の成長に合わせどんどん違う遊びに変えていけます。

子供の集中力を高めるためにもとてもいいツールですので、皆さんも子供と遊んでみてはいかがでしょうか。

室内遊びで便利なおもちゃのレンタルサービスについての記事も書きましたので、ぜひ見てみてくださいね!

これは便利!おもちゃの定額制レンタルサービス!
子供のおもちゃを選ぶのは大変!子供がすぐに飽きちゃうかも!近くに知育玩具を売っているお店がない!働いていて子供と遊ぶ貴重な時間を充実させたい!と考えているお父さん・お母さんにぴったりのサービスがあります!ぜひご確認下さい!

それではまた!

コメント

タイトルとURLをコピーしました